一般設定

FeedWindの使い方

FeedWindとは? FeedWindは、RSS、Facebookページ、Googleカレンダー、Twitter、Instagramの更新情報を表示するオンラインウィジェット(ブログパーツ)です。コードを貼り付けるだけで、ウィジェットをウェブサイトに埋め込むことができます。HTMLやCSSに詳しくない方でも、設定画面で簡単にデザイン・レイアウトのカスタマイズができるのが特徴です。

投稿した日付と時間を表示する

投稿日時を表示する FeedWindの初期設定では各フィードの投稿日時が表示されます。日付を削除するには「コンテンツ」→「詳細設定」をクリックして「日付」をOffにします。

複数のフィードを表示する

このチュートリアルで紹介するのはPro版/Plus版限定の機能です。 FeedWindでは複数のフィードを表示することができます。 複数のフィードを追加するには、各設定画面の最初の入力欄の横にある「+」ボタンをクリックします。

特定の文字列を含む記事を表示/非表示にする

このチュートリアルで紹介するのはPro版/Plus版限定の機能です。 FeedWindでは、「PR」や「広告」など、特定の文字列を含む記事を非表示にしたり、逆に特定の文字列を含む記事だけを表示したりできる「キーワードフィルター」機能があります。

投稿日時・日付のフォーマットを変更する

FeedWindでは各記事の投稿日時・日付を表示することができます。 初期設定では「2015年11月05日 12:15」というフォーマットになっていますが、設定画面でパラメーターを変更することで日付のフォーマットをカスタマイズすることができます。

ウィジェット内の表示内容を設定する

FeedWindではウィジェット内の表示内容を設定することができます。 以下はRSSウィジェットの例を説明していますが、基本的な設定方法や考え方はFacebook、Twitter、Instagram、Googleカレンダーいずれも同じです。

タイトルとURLをカスタマイズする

FeedWindではウィジェットのタイトルテキストとURLを変更することができます。 初期設定では、ウィジェットタイトルとURLが、フィードの設定内容を読み取って自動的に表示されます。

記事の順番を並べ替える

FeedWindでは記事の表示順=並び順を変更することができます。 「コンテンツ」で「詳細設定」をクリックします。 「記事の並び順」をOnにします。「新しい順」「古い順」「ランダム」から並び順を選択してください。

更新情報を自動スクロールさせる

フィードの情報を自動スクロールさせる方法をご紹介します。 ウィジェットのサイズに関係なく多くの記事を表示できるため、ウィジェットを表示するスペースを多く取れない場合などに有効です。また、動きをつけることてで、サイトの訪問者の目に止まりやすくなる効果もあります。

デザインや各種設定を保存する

FeedWindではウィジェットの各種カスタマイズが可能です。 作成したブログパーツのデザインや設定を保存するには、FeedWindアカウントを取得し、設定画面でウィジェットを作成します。設定が終わったら「保存してコードを取得する」ボタンをクリックしてください。

サイトに埋め込むだけで更新情報を簡単表示 今すぐブログパーツを使ってみる

FeedWind14日間の無料トライアル

初めてご登録の方はPlus版の無料トライアルをご利用いただけます。

今すぐウィジェットを作成してみる