料金プラン変更時の差額の考え方について

差額の考え方について
◎パターン1:契約期間(月払い・年払い)はそのままで、プランのみアップグレード
◎パターン2:月払いから年払いへのアップグレード
◎パターン3:金額が少ないプランへの変更

差額の考え方について

FeedWindでは決済システムにStripeを利用しています。Stripeは米国発のサービスで、世界各国のオンラインショップやウェブサービスで利用されています。日本では三井住友カードと提携して業務展開しています。

FeedWindでは複数のプランを提供しており、契約期間中、柔軟にプランを変更できます。
その際に差額が発生しますが、差額の算出方法についてStripeでは日割り(Proration)を採用しています。

ここでは主要なパターンを想定し、日割り(Proration)の基本的な考え方を説明します。Stripeの仕様に従って構築していますので、より詳細な説明をご覧になりたい方は以下のページをご覧ください(英語)。

https://stripe.com/docs/subscriptions/upgrading-downgrading

※以下のシミュレーションはPro版/Plus版ともに2018年3月2日付の料金で算出しています。ただし、今後、この料金は変更されることもございますので、実際の金額は必ず料金プランのページでご確認下さい。こちらのページに記載されている金額は、あくまで日割りの考え方をお伝えするための仮の数字となります。

契約期間(月払い・年払い)はそのままで、プランのみアップグレード

例えば、Pro版(月払い)を利用し毎月1日に請求されるケースで、その月のちょうど半ば(4月15日)にPlus版(月払い)に変更したとします。

その場合、お客様はすでにPro版の費用 9ドルを支払い済みで、現在の請求サイクルの半分(4.5ドル)を使用したことになります。この段階で、18ドル/月のプランにアップグレードすると、以前のプランの未使用分、4.5ドル分が持ち越しになります。

新プランを残りの日数(4月の残り期間)利用するのに必要な費用は9ドルです。

したがって、Pro版からPlus版に切り替えるにあたって、追加で必要な日割り費用は4.5ドルとなります。次の請求(5月1日)では、この4.5ドルと新プラン利用料金18ドルの合計22.5ドルが請求されます。

4月15日にプランを変更した時点では22.5ドルの請求は行われません。プランをアップグレードしても、請求間隔(月払いor年払い)が同じ場合は次の請求日に精算を行います。

◆4月15日にPro版(月払い)からPlus版(月払い)に変更
5月1日

5月分 Plus版(月払い)料金 18ドル
4月分 Plus版(月払い)未払い分 9ドル
4月分 Pro版(月払い)未利用分 4.5ドル
請求額 22.5ドル

月払いから年払いへのアップグレード

月額9ドルのプランを利用している途中(4月15日)で、1年あたり89ドルの年間プランに切り替えるとします。その時点で、月額プランの未使用分 4.5ドルを差し引いた金額(84.5ドル)が請求され、毎年の請求サイクルがその日から新規に始まります。

◆4月15日にPro版(月払い)からPro版(年払い)に移行
4月15日

Plus版(年払い)料金 89ドル
4月分 Pro版(月払い)未利用分 4.5ドル
請求額 84.5ドル

※以後、毎年4月15日に89ドルが請求されます。

金額が少ないプランへの変更

移行先のプランが現在のプランよりも安価である場合の考え方を説明します。例えば、月の半ば(4月15日)に18ドル/月のプランから9ドル/月のプランに移行するケースを考えます。

この場合、4月の旧プランの利用額は9ドル、新プランの利用額は4.5ドルとなり、実際に利用した金額は合計13.5ドルです。4月1日にすでに18ドル分の請求をしていますので、4.5ドル分は未利用分として翌月に持ち越すことになります。

そのため、5月1日の請求時には9ドルから4.5ドルを差し引いた、4.5ドルが請求されます。6月1日からは毎月9ドルの請求になります。

※差額の返金は対応いたしかねます。未利用分は翌月以降に繰り越すことで、サービス内で精算いたします。ご了承ください。

◆4月15日にPlus版(月払い)からPro版(月払い)に移行
5月1日

5月分 Pro版(月払い)料金 9ドル
4月未利用分 4.5ドル
請求額 4.5ドル

6月1日

6月分 Pro版(月払い)料金 9ドル
請求額 9ドル

次にPro版(年払い)からPro版(月払い)に移行したケースを考えます。4月1日にPro版(年払い)89ドルを申し込み、10月1日にPro版(月払い)に変更したとします。
その場合、約45ドル分が未利用扱いになるので、月額プランに充当されます。Pro版(月払い)の5ヶ月分に相当しますので、未利用分が0ドルになるまでの5ヶ月間、請求額は0ドルとなります。未利用分がなくなった3月1日には通常通り9ドルの請求が行われます。

※差額の返金は対応いたしかねます。未利用分は翌月以降に繰り越すことで、サービス内で精算いたします。ご了承ください。

◆4月1日にPro版(年払い)を申し込み10月1日にPro版(月払い)に移行
4月1日

Pro版(年払い)料金 89ドル
請求額 89ドル

10月1日、11月1日、12月1日、1月1日、2月1日

10月分 Pro版(月払い)料金 9ドル
未利用分 9ドル
請求額 0ドル

3月1日

Pro版(月払い)料金 9ドル
請求額 9ドル

差額のお支払いに関して、ご不明点がある場合は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

3月 16, 2018 3:50 pm