株価判断[底ばい] 下降トレンドの終焉が近づきつつあるものの、底入れはなお時間を要しよう。エリオットの波動で、07年5月高値7190円からダブル・ジグザグのパターンを形成しつつある。しかも、10年3月戻り高値3645円から下げの5波動の最終局面波5に入っている。上昇トレンドへの転換は07年同高値からの長期上値抵抗線を上回ることが必須条件。少なくとも26週移動平均線が上向きに転じるか、均衡表の基準線...
株価判断[底ばい] 自律反発の兆しを見せてきた。一目均衡表の転換線が横ばいとなる中、下値が9月6日安値57円と10月11日安値58円でわずか1円切り上がった二点底の様相だ。この先、9月高値の74円を上回ってくるならW底パターンの形成となり、かつ、応当水準から転換線が上向きに転じる予想。しかし、大勢のトレンドは基準線が下降を続けるうえ、転換線との好転もなお時間がかかる。自律反発があれば基準線の86円...
株価判断[天井圏] 悩ましい展開だ。長期26週平均線はほぼ横ばいに転じてきており、もうすぐ13週平均線とのデッド・クロスが示現しそうだ。また、均衡表の基準線は株価が7590円を下回らない限り、しばらく上昇傾向を維持するが転換線との逆転もありうる。しかも、7月から9月初めにかけてダブル・トップを形成、上昇トレンド転換のフォーメーションを形成中にある。したがってこの先、4月2日高値8730円を上回らな...
株価判断[底値確認] 上昇転換の兆しを見せつつある。株価は約9カ月ぶりに長期26週平均線を上回り始めた。しかも、13週、26週平均線と現値線が収斂しつつあっただけに煮詰まり感が台頭、底放れの可能性を濃くしていた。また、昨年11月高値820円から今年7月戻り高値407円を結んだ上値抵抗線を既に8月にブレイクしていることや、8月中旬の安値282円から下値が徐々に切り上げを見せている。9月20日高値36...
株価判断[底値確認] 10月第3週の大陽線は7月と8月の高値438円と433円の抵抗水準をいったん上回った。この間の安値が8月3日386円、9月6日389円、10月3日393円と徐々に下値を切り上げてきており、6月安値395円を合わせてみれば鍋底のパターンである。だた、このパターンはネック・ラインを越えた後、いったん小休止のクセを見せるのが定石。よって26週平均線が下降中でもあり、上昇する13週平...
株価判断[ボックス] 株価は、11年11月25日安値3020円から上昇に転じて12年3月26日に年初来高値3790円を付けた。その後、横ばいに転じている26週移動平均線と52週移動平均線を下回って12年5月14日に安値3225円まで下落。ただ、その後は13週移動平均線、26週移動平均線、52週移動平均線を相次いで上回り、12年9月24日に3750円の高値を付けている。当面、12年10月4日安値34...
株価判断[底ばい]株価は、11年8月18日の上場来高値2158円から11年11月10日安値1254円まで904円下落した後、12年1月4日の高値1898円まで反発したが、再び下落に転じた。12年6月12日には1006円の安値を付け892円下落し、逆N字の下落波動となった。その後の戻りも26週移動平均線をわずかに上回っただけで、直近では900円を割り込み年初来安値を付けている。直近の安値水準は10年...
株価判断[天井圏] 株価は、11年11月21日安値546円から12年4月26日高値1485円まで上昇した後、12年6月4日に992円の安値を付けたが再び上昇に転じて12年7月27日に1659円の年初来高値を付けた。その後の調整で13週移動平均線と26週移動平均線を下回り、12年10月3日に1091円の安値を付けた。当面は、上昇に転じて戻りを試す可能性が高く、12年7月27日の年初来高値を目指すと考...
株価判断[下降] 昨年11月の安値266円からの上げは今年3月の406円を高値に反落し、安値246円(6月5日)、高値280円(6月25日)、安値190円(8月7日)、高値229円(8月20日)を経て、直近は安値に進んでいる。よって、現在は09年3月の安値134円をうかがう下値模索の展開となっている。同安値を下回った場合の下値バランス値は、126円、120円が挙げられる。反面、反動高の値幅が25円...
株価判断[ボックス]昨年12月の安値212円からの上げは今年4月の376円を高値に反落し、安値240円(6月5日)、高値318円(6月7日)、安値233円(7月30日)と推移した。ただ、同安値以降は、高値306円(8月17日)、安値246円(9月6日)、高値301円(9月19日)と推移し、安値を切り上げ、高値を切り下げる三角保ち合いが進展している。よって、現在は高値301円を上回ると上値をうかがう...
株価判断[底ばい] 今年2月の高値1700円以降の下落は、安値1580円(3月9日)、戻り高値1698円(4月4日)を経て、安値1297円(6月4日)、高値1470円(6月8日)、安値1022円(8月13日)、高値1197円(8月20日)、安値969円(9月18日)と推移した。また、同安値からは高値1125円(9月24日)、安値1000円(9月27日)のあと、やや値を戻している。よって、現在は高値...
株価判断[ボックス] 今年4月の高値445円以降の下げは、安値351円(6月4日)、高値418円(6月29日)、安値296円(9月6日)と推移した。ただ、同安値からは高値342円(9月19日)、安値299円(9月28日)を経てやや値を戻している。よって、現在は高値342円を上回ると下値切り上げから戻りを試す動きとなる。また、上値363円を超えると上げ幅が拡大しやすくなる。その場合、上値バランス値は...
株価判断[ボックス] 今年2月の高値245円以降の下落は、安値215円(3月7日)、戻り高値243円(3月19日)を経て、安値160円(6月4日)、高値183円(6月21日)、安値143円(7月25日)と推移。また、同安値からは高値179円(8月20日)と上げ幅(36円)を前上げ幅の23円から拡大したあと、安値144円(9月3日)、高値177円(9月19日)、安値153円(10月4日)と推移してい...
株価判断[底ばい] 株価は下値での横ばいトレンドである。今年3月以降の13週・26週移動平均線はもつれながら横ばいをたどっているからだ。ただ、昨年9月から今年3月にかけて横ばい相場における安値は1万6000円台であったが、5月以降の横ばいの安値は1万7000円台をキープ。下値がわずかに切り上がる様子は下値固めに一筋の光明が見える。しかし、ボトム圏を脱するには、何よりも昨年4月高値5万5800円と今...
株価判断[下降] 厳しい下げとなってきた。週足の終値ベースで見ると、株価は9月最終週に1404円で引け、昨年12月第3週の1484円を下回った。月足も10年8月安値と11年12月安値の抵抗線を割り込んできており、下降トレンド入りが鮮明だ。当面の下値メドは昨年7月高値2535円から12月安値1453円までの下げ幅1082円と、4月高値2257円から同値幅下げで1175円となる。あるいは、ボリンジャー...